権利擁護の活動

権利擁護専門委員会の活動

親の会の権利擁護委員会は前身を「後見制度専門委員会」としますが、2014年1月に日本が障害者権利条約の批准をしたことを受けて、2014年4月から「権利擁護専門委員会」と改称、後見制度だけではない広い意味での「権利」を考えていく活動に取り組んでいます。

 

障害者権利条約

障害者権利条約は、2006年12月13日に国連総会において採択され、2008年5月3日に発効。日本は2007年9月28日に、高村正彦外務大臣(当時)がこの条約に署名し、2014年1月20日に批准、2月19日に発効となりました。

 

障害者の権利に関する条約(略称:障害者権利条約)

障害者権利条約パンフレット 分かりやすい 外務省

Nothing about us without us

「私たちのことを、私たち抜きに決めないで」という言葉は、障害者権利条約を作る過程で当事者たちが よく使っていました。現在世田谷のご本人たちもこの言葉を非常によく理解しているように思います。

2016年度の研修会の実績

 

9月28日

障害のある子の家族が知っておきたい「親なきあと」
講師:行政書士 渡部 伸氏

 

 

 

 

12月19日

世田谷区後援

津久井やまゆり園の事件から考える ~障害者の生きる権利と尊厳~
講師:弁護士 佐藤彰一氏

東京都育成会と世田谷区手をつなぐ親の会との連携

 

2010年9月に親の会は、福祉の専門職による相談室を開設し、身近な困りごとの相談に対応する体制を整えました。この時の相談の中身は主に、➀後見や親なきあとに関するもの、➁一般相談、に大別されます。
2010年には会員約1,000人へ権利を守るツールとしての成年後見制度に関する意識調査を実施した結果、親なき後の漠然とした不安と、財産管理の機能ばかりが目立つ成年後見制度の現状(後見制度上の身上監護が親の期待とは隔たりがある)が、制度の積極的利用につながらないことも浮き彫りにされ、相談できる体制が必要ということが分かりました。

 

東京都育成会に、2014年4月「東京都育成会権利擁護支援センター」が開設されました。

世田谷では、親の会事務所に都育成会権利擁護支援センター世田谷支部を開設、予約制で相談を受け付けています。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

MAPS「みまもり・あんしん・パートナーズ」

MAPSは、「みまもり・あんしん・パートナーズ」の略で、「知的障害のある人とその家族に寄り添い、チームで日常生活を見守り、必要な支援を行うボランティア」を意味しています。 MAPS活動の意義は主として、親と同居していた知的障害者が、親の高齢や病弱等により支援が困難になって一人で暮らす場合でも、支援を受けながら、親が元気なころと変わらず安心・安全な生活が維持できることにあり、それはまた親の切なる願いを実現させる試みでもあります。

活動内容

 

➀緊急時の一時的支援、公的サービスへの橋渡し
➁話し相手になりながら支援方法を検討
➂公的サービスになじまない支援
➃家族が支援していたことの代行等

 

障害者自身の運動の特徴をみますと、身体障害者は、障害ゆえに権利が行使できない部分については社会が補うのが障害者福祉と明確に主張する一方、 知的障害者の多くは自己主張よりも受動的に承認されることを望み、社会に問題提起をするような障害者運動に結びつきにくい傾向があります。このため、知的障害者に対しては本人意思を重視した支援が特に重要となります。 また、事業所のMAPS協力員は、ボランティア活動を通して日頃職場で接する障害者とはちがう障害者を知り生活全般から見た支援ができる、協働 支援を通して親や他事業所の職員から学ぶ機会を得て支援の幅が広がりスキルが向上するメリットがあります。

 

養成研修

 

2015年11月に、MAPS養成研修を5日間実施、第1期生36人(育成会職員・親の会会員)の協力員が誕生しました。障害者本人の権利を守る支援は家族の状況把握と本人の思いを丁寧に掬い、情報提供や支援に繋げる。こんな共通の認識のなかで、寄り添う支援の協力員として MAPSは活動を開始しています。

親なきあとをも本人たちを支えられるよう、本人の精神的安定と充実した生活(働く、楽しむ、健康)のあり方を探っていきます。

 

★MAPSへの感想および期待する声★

 

(40代男性 MAPS利用者)

  • 健康に関する不安を聞いてもらいたい。
  • 両親が亡くなった後もいま住んでいる家で暮らしたいので、時々訪問して欲しい。
  • MAPSについては、会社で言えないこと、自分の思っていることを話せて、力になってもらっている。
  • いろいろな書類の提出・手続きなどを助けて欲しい。

 

(70代女性)

  • 2010年9月から開始された親の会の相談から継続してMAPSに支援してもらっている。とにかく有難いと思っている。夫婦で高齢なので親亡き後のことなど、いろいろ愚痴も含めて聞いてもらえるし、わかってもらえる。長い相談のなかで、身に添って一緒に考えてもらえることが良いと思う。