活動のブログ

高等部

高等部 2、3年生保護者による作業所体験

2017年5月、高等部の活動の目玉の一つである
保護者による作業所体験が実施されました。
 
この活動では保護者が
作業所利用者の方々の中に入って実際にいっしょに作業をすることにより
作業所の仕事内容や雰囲気を利用者目線で知ることができます。
 
会員の参加延べ人数は54名にもなり
「普段の作業所の1日」への
保護者の関心の高さがわかります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今回、作業体験をさせていただいたのは
こちらの上町工房をはじめ、13の作業所です。
施設の利用者、職員の皆さまのご協力、ありがとうございました。

 

この体験に参加した皆さんから寄せられた感想です。

同じ作業所内でも仕事によって雰囲気が違うことが分かりました。
スタッフの方の支援と、それに応えて一生懸命に取り組む
 利用者の方の姿などを知ることができました。
集団の見学では聞けないけれど
 体験参加により個別で知りたいことが聞けました。

 

保護者の作業所体験は、高等部卒業後の進路を考えるうえで
大きく役立っています。
全体

喫茶ぴあ最新情報 ~粕谷店編~

このたび、喫茶ぴあ粕谷店に新しいキャラクターがやってきてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

いらっしゃいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ウィンドウディスプレイも新しいロゴに刷新し、お客様をお迎えします。

 

夏季限定メニューもお目見えしました。

ピリッとスパイシーなジャンバラヤ
夏にぴったりです。

単品 500円
川場村特製ソーセージ付き +200円
ドリンクとサラダのセットは +200円
(画像のサラダはこのセットのものです)

 

毎年ご好評をいただいている冷たい麺も。

冷やしたぬきそば 550円
こちらは緑茶のついたおにぎりセット +200円
ドリンクセットは +200円

 

 

ご用意しています、和スイーツ。
クリームあんみつ 400円

ベストマッチの黒蜜をたっぷりかけて
お召し上がりください。

 

 

粕谷区民センターには
図書館児童館の施設もあります。

ぜひ喫茶ぴあ粕谷店に、お気軽にお立ち寄りください。
実習生、スタッフ一同、みなさまのご来店をお待ちしております。

全体

喫茶ぴあ最新情報 ~鎌田店編~

緑あふれる癒しのカフェ、 喫茶ぴあ鎌田店では
夏季限定メニューのご提供をはじめました。

 

冷しサラダうどん 650円

薫り高いオニザキのごまを使用した
特製ドレッシング仕立て。
フレッシュ野菜もたっぷりいただけます。

ドリンク付きのセットは +200円

夏の定番、かき氷!
いちご 300円

ほかにも、あんこダブル盛りの抹茶あずき、抹茶あずきミルクも
オススメです◎

 

暑い夏にぴったりの限定メニュー、 ぜひ、ご賞味ください。

 

6月17、18日には、喫茶ぴあ鎌田店のある鎌田区民センターの
例年行われるおまつりが催されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センター利用団体による発表や展示が行われ 多くの来場者が訪れていました。

 

喫茶ぴあ鎌田店も、 区内の作業所の焼き菓子やドリンクなどを販売するコーナーを出店。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業所で生産するお菓子のおいしさと品質の高さを
みなさまにアピールできる良い機会となりました。

多くのお客様のご利用、ありがとうございました。

全体

「セータとガーヤの気持ち伝え隊」
世田谷学園にて出張講座

平成29年6月12日、世田谷学園中学で行われた
2017体験プログラムに参加しました。
 
世田谷学園中学2年生の生徒さんへ向けて、
ワークショップ、疑似体験を通して
知的障害理解のキャラバン出張講座を行いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
会場は、2クラス90名、3クラス130名の階段教室での実施となりましたが、
生徒さんは熱心に取り組んでくれていました。
全体

第18回東京都障害者スポーツ大会

5月27日(土)、駒沢オリンピック公園総合運動場で行われた
東京都障害者スポーツ大会のフライングディスク競技に参加しました。
空模様が心配された当日でしたが、午後には晴れ間も広がり
さわやかなスポーツ日和となりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東京都障害者スポーツ大会は、スポーツを通じて
障害者の体力の維持増進や社会参加の促進、
都民の障害に対する理解の増進を図り、
それにより障害者の自立の促進とスポーツ振興に寄与することを目的として
地域のライオンズクラブなどのご協力を得て開催されています。
 
毎年6,000人を超える選手が参加する
都内最大規模の障害者スポーツ大会であり
併せて、全国障害者スポーツ大会の派遣選手選考会も行われています。
 
 
この日、世田谷からは
フライングディスクのほかにもそれぞれの会場に分かれて
フットベース、卓球、陸上競技など
多くの出場者の姿がありました。
選手として、日ごろの練習の成果を存分に発揮できた一日となりました。
 
 
また、27、28日の2日間にわたり、
成人部の理事さんから数名と
また上部団体である東京都育成会からも、施設長さん方が
お手伝いやサポートなどボランティアとして参加。
マンパワーで大会の円滑な運営に協力して下さいました。
 
 
東京都障害者スポーツ大会は毎年この時期に実施されます。
今回の大会を主催したこちらの東京都障害者スポーツ協会のHPには
障害者のスポーツレクリエーションについて
多くの情報が掲載されています。
全体

障害者も高齢者も共に過ごす
「富山型デイサービス」に学ぶ

5月24日(水)、成城ホールにて、第61回定期総会を記念し、
NPO法人このゆびとーまれの創始者、惣万佳代子氏をお迎えして、
講演会「障害者も高齢者も共に過ごす『富山型デイサービス』に学ぶ」を開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

講演会は、看護師さんに贈られる
世界最高のフローレンス・ナイチンゲール記章の授与式で、
惣万さんが皇后陛下より記章を授与される厳かな動画から始まりました。

 

平成5年に「このゆびとーまれ」が開設された当時は、
まだ介護保険も総合支援法もない時代。
赤ちゃんからお年寄りまで、年令や障害種別に関係なく、
ひとつの家で家族が寄り添うように過ごすという、
惣万さんの理念のもとに始められたデイサービスが、
やがて行政からの支援が受けられるようになり、
全国で注目を集める富山型デイサービスとなるまでのお話を伺いました。

映像で紹介されたお年寄りと子どもたちの関わりや
障害者が子どもやお年寄りのお世話をする姿には、
年齢を超え障害を越えた活き活きとした日常を見ることができ感動を覚えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

講演会には世田谷区障害福祉担当部長はじめ、
区の職員の皆さま、各施設や事業所の皆さまにも多数ご出席いただき、
会員と共に講演を聴いて頂けたことに感謝申し上げます。