TOPICS

お知らせ

9/17 東京都育成会権利擁護支援センター 「公開セミナー&なんでも相談会」 NEW!

公開セミナーでは・・・
「身近にありそうな事例」について、
東京都育成会権利擁護支援 センターの専門委員による解説を聞きながら、
知的障害のある人が家族以外の支援を得て生活していくための準備や方法を
楽しく考える機会にしていきたいと 思います。


     公 開 セ ミ ナ ー

日時
9月17日(火)
10:30~12:00

場所
大田区民ホール・アプリコ小ホール
JR蒲田駅東口より徒歩3分

参加申込
公開セミナー参加申し込み票にご記入いただき
FAX にて東京都育成会権利擁護支援 センターにお申込みください。
受付期間8/1~8/31
定員になり次第、締め切らせて頂きます。

 

 

暮らしの中で法律や福祉について困っていること、悩んでいることはありませんか?
「無料なんでも相談会」では・・・
障害のある方とそのご家族が安心してずっと住み慣れた地域で生活できるように、
法律や福祉などについてのご質問やご相談などをお受けします。

  無 料 な ん で も 法 律 相 談 会


日時
9月17日(火) 13:00~

場所
大田区民ホール・アプリコ 小ホール
JR 蒲田駅東口より徒歩3分

相談時間 各回 45 分
①13:00~ ②14:00~ ③1500~
定 員 3 名(各回 1 名)
事前申込制・先着順

 


相談のお申し込みは、無料なんでも法律相談会申込票にご記入いただき
FAX にて東京都育成会権利擁護支援 センターにお申込みください。
受付は 8/1  AM10:00~、定員に達した場合にはお断りする場合があります。

 

大田区民ホール・アプリコ 小ホール
※小ホールはアプリコの地下1階です

 

 

 

 

 

 

お知らせ

2019年度障害者週間事業
「心の輪を広げる体験作文」および「障害者週間のポスター」募集 NEW!

障害のある人が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加することを促進するため、
我が国では、障害者基本法に基づき、毎年12月3日から12月9日までの一週間を「障害者週間」としています。

障害の有無にかかわらず、誰もが地域や職場、学校などで人格と個性を尊重し合い、支え合う「共生社会」の実現を目指し、
2019年度障害者週間における「心の輪を広げる体験作文」と「障害者週間のポスター」の募集をしています。

 


体験作文募集テーマ
出会い、ふれあい、心の輪
-障害のある人とない人との心のふれあい体験を広げよう-

ポスター募集テーマ
障害の有無にかかわらず誰もが能力を発揮して
安全に安心して生活できる社会の実現


募集締切:9月4日(水)
担当窓口:東京都福祉保健局障害者施策推進部計画課

 

 

主催:内閣府 並びに都道府県及び指定都市
後援:文部科学省 厚生労働省

 

 

 

お知らせ

9/1 知的障害・発達障害のある人のトラブル・触法への地域包括支援を考える
   ー セルフアドボカシー生涯学習と危機介入支援から ― NEW!

本事業は、2019年度文部科学省「障害者の多様な学習活動を総合的に支援するための実践研究」
委託事業「セルフ・アドボカシー支援に向けた学習プログラムに関する取り組み」により行います。

日時 9月1日(日) 13:00~17:00(12:30開場)
会場 大会議室 Natuluck 吉祥寺北口 ハロースペース
対象 福祉支援者 保護者 教員 他関係者
定員 50名

下記チラシでは、開催曜日を間違えて表記しています。
開催日の9月1日は日曜日となりますので、お間違いのないようお申込み下さい。
お申込みはチラシの裏面をご利用下さい。

プログラム
東京・武蔵野エリアTSでめざすこと
 堀江まゆみ(NPO法人PandA-J)
 富樫恭平(沖縄TS、沖縄県発達障害者支援センター)

弁護士とともに地域でのTS支援を考える
 松原拓郎(多摩パブリック法律事務所)

精神科医とともに地域でのTS支援を考える
 桝谷二郎(東京医科大学、こどものこころ診療部門)

性問題行動リスクのある思春期・成人期の本人を
「地域で支援し続ける」ために
― SOTSEC-ID、KeepSafeプログラムの実践から ―

 

TS(トラブルシューターネットワーク)活動とは、
「生きづらさを感じている知的障害・発達障害のある本人の支援」を
地域ベース&他職種連携ベースで進めていこうとする
「地域支援力向上の基盤整備」の包括的活動です。

 

会場のご案内 大会議室 Natuluck 吉祥寺北口 ハロースペース