TOPICS

ブログ

2020年度 要請の会

8月26日(水)世田谷区役所ブライトホールにて
2020年度要請の会が開催されました。

世田谷区より、障害施策推進課長、
障害者地域生活課長、障害保健福祉課長をはじめ
11名の担当部の皆さまにご出席いただきました。

コロナ禍での開催のため
親の会からの出席者は、例年の半数、約30名に制限して
入室前の検温、マスク着用、マイク消毒等、
感染予防を徹底しました。

今年度は緊急要請として
新型コロナウィルス感染症の対応に関して
 家族や本人が感染した場合の支援体制について
 雇用対策について
 わかりやすい情報提供
この他、昨年度同様の要望として
親とこの高齢化対策~将来の安心のために(5項目)
現在の地域生活を安心、安定を送るために(7項目)

尚、現在、多くの会員が最も心配している
「家族や本人が感染した場合の支援体制について」
障害施策推進課長より
家族が入院、本人が感染、いずれの場合も、
障害児者本人の特性を踏まえてサービスを手配する、
本人が自宅以外での生活が難しい場合は、
居宅介護等の生活支援で対応する、
担当ケースワーカー、居住地域の総合支所に相談くださいと
回答いただきました。

お知らせ

世田谷区「障害者のしおり 2020・2021」が発行されました

世田谷区「障害者のしおり」は
障害のある方が利用できるサービスの内容や利用方法をまとめた冊子です。

 

世田谷区ホームページの記事をご確認ください。

「障害者のしおり2020・2021」の配布について

 

こちらからは、ホームページ用のファイルもご覧いただけます。
必要な方はこちらからダウンロードできます。

障害者のしおり2020_2021初版(PDF形式 9037キロバイト)

お知らせ

カード形式の障害者手帳の交付を開始します

障害者手帳の様式は、これまで紙形式のみとされていましたが、平成31年4月の法改正により、
利用者のご希望により、カード形式の障害者手帳を交付することができるようになりました。

東京都では、ご希望の方に・・・
令和2年10月1日(木)から カード形式の交付申請の受付を開始いたします。

 

■ 愛の手帳(東京都療育手帳)、身体障害者手帳をすでにお持ちの方で
 カード形式への切り替えご希望の方は、
 10月1日(木)以降に
 世田谷区 各地域の総合支所保健福祉課 で再交付申請を行ってください。

 

■ 精神障害者保健福祉手帳をすでにお持ちの方は
 2年毎の定期更新時にカード形式への切り替えが可能です。
 10月1日(木)以降に
 世田谷区 各地域の総合支所健康づくり課 へお問い合わせ下さい。

 

■カードの特徴 
・プラスチック製でカードの縁に切り欠けあり
・偽造防止のためパールインキを使用
・サイズ 横85.60mm × 縦53.98mm
・写真は白黒印刷
・紙形式の手帳同様  カバー及び別冊を配布
※各種サービス申請の際は別冊も合わせてお持ちください。

 

カード形式の障害者手帳を希望されない方は・・・
現在の紙形式の障害者手帳を選択できます。
すでに障害者手帳をお持ちの方は、現在お持ちの手帳を引き続き使用可能です。
なお、カード形式と紙形式の障害者手帳両方を所持することはできません。

 

各種手帳については世田谷区のHPから障害のある方の手帳 をご覧ください。

 

 

 

お知らせ

喫茶ぴあ・夏本番! 体験実習も再開しました

長い長い梅雨がようやく明け、一気に盛夏となりました。
喫茶ぴあは7月後半から体験実習の受け入れも再開、
実習生さんと働くぴあの日常が戻ってきました。

時に爽やかな風が吹き抜ける
穏やかな店内で・・・・・

お客様も
スタッフも
実習生も

喫茶ぴあでの「新しい生活様式」に
ずいぶん馴染んできたようです。

夏の定番・かき氷や、冷やしうどん(鎌田店)、冷やしそば(粕谷店)など
暑気払い用メニューもご用意しています。

鎌田店・粕谷店とも図書館や児童館併設の区民センター内にありますので、
暑い夏のお散歩コースにぜひ加えてみてください。
※8月10日~17日は夏期休業となります。


鎌田店自慢の夏メニュー
冷やしサラダうどん

たっぷりの野菜に
特製ごまドレッシングが絶品

 

 


粕谷店では
かき氷ドリンク
テイクアウト
始めました!

外のベンチで召し上がれます

 

 

 

少しでも安心してお過ごしいただけるよう・・・
引き続き店内の感染対策は
しっかり実行してまいります。

 

お客様にも
手の消毒やご飲食時以外の
マスク着用など

どうぞご協力を
お願いいたします。

 

 

 

 

お知らせ

世田谷区公式YouTubeで配信中!
発達障害理解のための啓発動画「ハッタツ凸凹あるある」

世田谷区は、発達障害の特性を知ってもらい
発達障害のある人が実力を発揮するためのヒントを提案する啓発動画「ハッタツ凸凹あるある」を制作しました。

実際に起きたエピソードに基づく3本で、
どの動画も職場や日常生活などで当事者が直面する困り事のエピソードについて紹介しています。

主要キャストをつとめるのは、個性爆発の発達凸凹のある当事者たち。
素人とは思えない迷演技に注目です。
クスッと笑えて、発達凸凹の皆さんとの関わりを知るきっかけに、是非動画をご覧ください。

 

発達障害理解のための啓発動画「ハッタツ凸凹あるある」を配信しています 
↑区のHPでは動画の解説など、詳しい情報が満載です。

 

「言われた通りにやったのに・・・の巻」

 

「正直すぎて冷や汗の巻」

 

「変化でパニックの巻」

 

「メイキング編」

お知らせ

第35回 東京都障害者総合美術展 開催 ~美のなかにふれあいがある~

障害者の芸術・文化活動への参加及び優れた才能の発掘・育成を通じて、
障害者の生活を豊かにし、自立と社会参加を促進するとともに、障害者に
対する都民の理解や認識を深めることを目的に、毎年開催しています。

第35回 東京都障害者総合美術展
~美のなかにふれあいがある~

展示期間:2020年9月2日(水)~9月6日(日)
展示会場:西武池袋本店  7階(南)催事場  特設会場

主催:東京都
主管:公益財団法人 日本チャリティ協会

昭和62年から東京都が毎年主催する
障がいを乗り越えて創作活動を行っている人たちの
絵画・書・工芸・写真等の美術作品を発表する場です。

障がい者の芸術活動における才能開発と発展の場であるとともに
都民の理解を深め障がい者との交流の場としても
重要な果たす役割も担っています。

 

●作品募集の期間は終了いたしました・・・・・・・・・・・・・・

 

出品申込書締切
7月17日(金)  消印有効

募集対象
都内に在住し、身体障害者手帳、
愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳
の交付を受けている方、
または発達障害などがある方。

 

 

 


出品を希望される方は
募集要領をお読みいただき

出品申込書を
⇐ダウンロードして
お申込み下さい