活動のブログ

すべて

世田谷区手をつなぐ親の会 第65回定期総会報告

5月7日、開催を予定していました第65回定期総会ですが、3回目の緊急事態宣言発出により、
昨年に続き、三茶しゃれなあどでの開催を中止、書面開催での実施になりました。

会員数1260名(2021年4月末)中、760名の方から委任状を提出いただき、
議案はすべて承認、無事終了の運びとなりました。

コロナの影響でこれまでの活動を大幅に制限せざる得なかった1年の経験を踏まえ、
今年度は、社会情勢も見ながら、臨機応変に対応していくことになります。
会員の皆さま、これまで同様、活動へのご協力をお願いします。


2021年度活動計画より
■ ■ ■ 活動の重点項目 ■ ■ ■

1.会員には、障害者に関する施策や情報を的確に伝えます。
2.世田谷区で安心して暮らしていけるよう会員の様々なニーズを
 把握して、行政に以下のことを要望します。
 (1)親と子の高齢化対策について
  ①多様な住まいの場の増設
  ②福祉人材の確保対策
  ③一人暮らしの障害者への支援
  ④地域生活支援拠点の計画推進
 (2)障害者本人が安心して生活できる仕組みづくり
   ①日中活動施設の増設
   ②移動支援の拡充
   ③就労定着支援の推進
   ④医療機関の支援体制
   ⑤成人期の余暇活動推進
 (3)学齢期の障害児に対する支援
 (4)相談支援体制の充実とライフステージに合わせた相談支援の確立
3.差別解消法における地域支援協議会を実効性のあるものへ
4.知的障害者への理解啓発を推進し、共生社会の実現を目指した活動

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

総会終了後に予定していた総会記念講演会について

障害者差別解消法に向けた世田谷区の取組み状況
   ~知的障害者が「ヘルプ」を求めるために必要なことって?~

お二人の講師には、後日、親の会事務所にて講演内容を
録画させて頂きました。
会員限定で近く配信予定です。
詳しくは、6月配布の親の会だよりでご確認ください。

すべて

「セータとガーヤの気持ち伝え隊」 社協福祉喫茶支援者研修会にて出前講座

12月14日、世田谷区社会福祉協議会にて
福祉喫茶の援助者に向けた研修の講師として
出前講座を実施しました。

 


感染対策として換気やこまめな消毒や
歩き回りながら複数で話をしない等、
十分に注意をした上での開催でした。


普段ならバンバン私たちの掛け声が飛び交うプログラムもありますが
今回は感染対策として事前に囃し立てる声を
各々ボイスレコーダーに録音したものを流すなど
工夫をして臨みました。
ガヤガヤと囃し立てるのには
こちらの方法のほうがより煽り感が出たように感じられ
全国のキャラバン隊にもおすすめしたいです。

 


喫茶の援助者の皆さんは
画面を見ながらしっかりとメモを取っていらしたり
うなずきながらご覧になられていたりと
とても意欲的に参加されていらっしゃいました。

 

質疑応答では、
普段の支援業務の中で困っていること等聞かせて頂いたのですが
親の私たちも、改めて当人の困り感や伝わり難い点に気づかされることもあり
大変勉強になる時間でした。

 

コロナ禍により久しぶりのキャラバン隊活動でしたが
毎回このような新しい発見や気づきがあったり
伝えていくことの大切さを認識していたということを
私たちも久々に思い出させてもらいました。
貴重なお時間をありがとうございました。

すべて

障害者週間記念作品展を終えて ~親の会から出展した作品のご紹介~

今年のふれあいフェスタは
新型コロナウイルス感染拡大を考慮して、
障害者週間記念作品展のみが
保険医療福祉総合プラザの1階カフェスペースにて
12月1日(火)〜6日(日)に無事開催されました。

今年度、会員の協力の下、親の会からは7つの作品を出展。
どの作品も個性豊かで素晴らしいです。
皆さまにパワーを与えてくれるのではないかと期待して、
一つ一つの力作を紹介します。
どうぞご覧ください。




 


 


今回の作品展では通所施設経由で出展された
会員の子どもたちの作品も多く展示されました。
こちらも力作揃いのパワーあふれる作品で、
親の会HPで紹介できないのが残念です。

「ふれあいフェスタ@ソーシャルディスタンス」
「みんなでいまできることをしよう!」他 複数のテーマで
今年度は規模を縮小して準備されたふれあいフェスタですが、
第40回を記念して寄せ書きを募集したところ、
たくさんのメッセージが届きました。

皆さまのご協力に感謝いたします。

高等部

高等部保護者による作業所体験を行いました

2020年11月、高等部保護者による
作業所体験を実施しました。


※体験先のひとつ 世田谷区立砧工房

この活動では、保護者が作業所利用者の方々の中に入って
実際に一緒に作業することにより、作業所の仕事内容や雰囲気を
利用者目線で知ることができます。

コロナ禍による影響がある中、
14 の事業所様が、対策をとりながら
体験を受け入れてくださいました。
また今年度から「さわやかはーとあーす世田谷」様、
「コイノニアかみきた」様が
新たに加わってくださいました。

以下、体験された保護者の方からの感想を抜粋しました。

★ 夫婦でいい体験ができてよかったです。
 夫は、工賃のことなど全くわからなかったので
 お話も聞けて勉強になったとのことでした。
 緊張していたのですが、皆さんに
 快く受け入れて頂いて助かりました。 
 
★ 無事に申し込みをした 3 カ所の作業体験を終えて、
 やはり百聞は一見にしかずということで、
 見学することで、就労に関して様々な情報を得たり、
 自分の考えを整理することができた気 がしております。
 
★ コロナの影響で、利用者さんとは離れた場所でしたが、
 様子はよくわかりました。 
 
★ どこもそれぞれの良さがあり、職員の方も丁寧に
 説明して下さりありがたかったです。
 
★ 地域の学校に所属しておりませんので、
 就労に関する情報が殆ど無かった中、このような 機会を頂いて、
 本当に有難かったです。B型就労でも全く違うのだと思いました。
 作業を体 験しながら、子どもが働く場面を想像し、
 色々な事を感じる事ができました。
 見学してみなければ分からないと、改めて強く思いました。
 
★ 作業をして大変さが分かりました。事業所によって
 作業が毎日変わるところや、同じところがあり、
 子どもの特性によって得意不得意があることが分かりました。
 体験する事は見る事とは違うと思います。
教育部

教育部 進学にむけて~ 「中学校紹介」を開催しました。

10月27日、総合福祉センター後利用施設にて
「中学校紹介」を開催いたしました。

 


会場とZoom併用で実施し、約50名が参加いたしました。
特別支援学校2校からは先生に来場いただき、
授業の詳細や、学校の雰囲気などをお話しいただきました。

また、支援級5校の保護者から、各校の特徴や行事、
服装などについて資料に沿って説明があり、
在校生の保護者ならではの細やかな情報を
いただくことができました。

参加者からは、「学校見学に行きにくい状況の中、
最新の情報を知る貴重な機会になった」
「低学年なので早いかと思ったが、
知っておいて役に立つ情報もあり参加して良かった」
などの声が寄せられました。

 

勉強会 「障害のある子の将来の住まいについて」
~安心して暮らしていくために知っておきたいこと~

10月14日(水)に 今年4月に新しくオープンした
世田谷区立保健医療福祉総合プラザ1階研修室で
渡部会長と積水ハウス CRE 事業部 山村由美子さんを講師に迎え
「障害のある子の将来の住まいについて」勉強会を開催しました。

新型コロナ感染症の終息が見えない中での開催だったため
施設内の一番広い会場(定員240名)で座席数を1/3以下に減らす、
講師の前にアクリル板を設置する等の感染拡大防止対策を
講じての開催でした。参加者は63名。

全国各地を講演会で訪れている渡部会長からは
共生型グループホーム(富山)
親子で住める有料老人ホーム(大分)
サービス付き障害者住宅(京都)等
全国各地の様々な住まいのかたちの紹介があり
最後に「一番大切なのは本人の希望。
色々な体験、経験をさせて欲しい。」
と結ばれました。

山村さんからは、グループホームを建てるにあたり
音や光に敏感な利用者の使いやすさ・快適さへの工夫について
床や壁窓の具体的な工夫等、興味深い内容で
『「我が家」を世界一幸せな場所にする 』 という
パワーポイントにはハッとさせられました。


世田谷区では令和12年度までに中軽度から最重度の
グループホームが必要な方の所要量を493名分と見込んでいます。
親なきあとの喫緊の課題でもあります。

親の会にとっては、今年度は初めての大きな集まりでした。
久しぶりに皆様に再会でき、なんだかホッと安心もした
勉強会でもありました。

教育部

「第38回 世田谷区手をつなぐ親の会 子どもたちの作品展」を終えて

9月28日から10月7日にかけて
区役所第二庁舎1階ロビーにて
「第38回 世田谷区手をつなぐ親の会 子どもたちの作品展」
を開催いたしました。

子どもたちの個性あふれる元気な作品を、
多くの方々にご覧いただくことができました。

関係各所の方々にご理解・ご協力をいただき、
無事に開催できましたこと、この場をお借りして
心よりお礼を申し上げます。

 

作品展の開催にあたり、作品の制作、展示に
ご協力いただきました学校の先生方、保護者の皆さま、
誠にありがとうございました。

 

 

すべて

2020年度 要請の会

8月26日(水)世田谷区役所ブライトホールにて
2020年度要請の会が開催されました。

世田谷区より、障害施策推進課長、
障害者地域生活課長、障害保健福祉課長をはじめ
11名の担当部の皆さまにご出席いただきました。

コロナ禍での開催のため
親の会からの出席者は、例年の半数、約30名に制限して
入室前の検温、マスク着用、マイク消毒等、
感染予防を徹底しました。

今年度は緊急要請として
新型コロナウィルス感染症の対応に関して
 家族や本人が感染した場合の支援体制について
 雇用対策について
 わかりやすい情報提供
この他、昨年度同様の要望として
親とこの高齢化対策~将来の安心のために(5項目)
現在の地域生活を安心、安定を送るために(7項目)

尚、現在、多くの会員が最も心配している
「家族や本人が感染した場合の支援体制について」
障害施策推進課長より
家族が入院、本人が感染、いずれの場合も、
障害児者本人の特性を踏まえてサービスを手配する、
本人が自宅以外での生活が難しい場合は、
居宅介護等の生活支援で対応する、
担当ケースワーカー、居住地域の総合支所に相談くださいと
回答いただきました。

すべて

応援しよう!千歳台福祉園

千歳台福祉園では、作業で刺繍、機織り、ビーズ
アイロンビーズ、フェルトなどを作品にしています。
刺繍、機織りに関しては成型ボランティアの方のご協力のもと
どれも1点物で素敵な作品に仕上げていただいています。

 

ポケットティッシュケース
刺繍作品にレースをあしらった
愛らしい一品です。
利用者の方が一縫い一縫い
丁寧に作りました。

 



また、千歳台ブランドとして、利用者の方がデザインした
Tシャツ、トートバックを販売しています。
また、今年度は染色によるTシャツや
利用者の方のデザイン製品も新たに作成しています。

 


染色Tシャツ

Tシャツを縛り、模様をつけました。
まぶしい日差しに負けないカラフルな
仕上がりです。

 





ポーチ

利用者の方がデザインした
キャラクターを転写しました。
蛍光色の模様がアクセントの
かわいらしい作品です。





コロナ禍において、なかなか皆様の目に触れる機会がありませんが
今後インターネット通信販売を検討しています。
開設された際には、またお知らせできればと思いますので宜しくお願いします。

                    千歳台福祉園 施設長:大野 一徳


商品にご関心のある方は、千歳台福祉園まで連絡ください。
世田谷区立千歳台福祉園 TEL: 03-3789-9801

 

すべて

応援しよう!まもりやま工房

まもりやま工房は・・・
平成31年度に守山小学校跡地に出来た
「まもりやまテラス」への移転に伴い、
「大原福祉工房」から「まもりやま工房」に
名称を変更し、
新たな歩みをスタートしました。

まもりやまテラスには、守山保育園、守山地区会館が併設されており、
今後、複合施設として新代田地域の拠点としての役割を担っていくことになります。

まもりやま工房は就労継続B型事業所で、自主生産や受託作業、官公需などの仕事を行い、
自主生産品は、主にクッキー・パウンドケーキ・自家焙煎コーヒーの製造・販売を行っています。
最近は、新商品の開発等に力を入れており、コーヒーは好きだけど
カフェインをとれない方などに向けてカフェインレスコーヒーの販売を開始しました。


カフェインレスコーヒー

・ドリップパック 100円
・100g 550円
・200g 1,000円

 

 

また、健康シリーズとして・・・
ごまシリーズ
・ごまクッキー 100円
・ガレットセサミ 150円
・ごまパウンドケーキ 150円

オニオンクッキーはちみつパウンドケーキなどの販売にも力を入れています。

自主生産品に関しては・・・
代田区民センターにて
毎週火曜日、金曜日(10:00~16:30)に
販売を行っています。

まもりやま工房でも販売を行って
おりますので、是非お越しください。

 

また、郵送も行っておりますので、お中元やお歳暮、お祝いやお遣い物にご利用ください。
連絡先は 03-3460-9019です。


喫茶ぴあ(鎌田店・粕谷店)
フェリーチェ
(本店・世田谷区役所店)
希望丘青少年センターアップス
コミュニティカフェななつのこ
喫茶JOY
わくわく祖師谷
などでも販売しております。

 

新型コロナウイルスの影響で、通所自粛や分散通所の状況が続いていましたが、7月半ばからは
通常の通所とし、様々な感染防止の対策を行いながら利用者の皆さんを毎日受け入れています。
外出などがままならないこのような状況でも、利用者の皆さんが充実した生活を送れるよう、
新たな作業の提供やミニイベントを開催したりもしています。


7月上旬には、守山保育園からいただいた笹に、
皆で飾りを作ったり願い事を短冊に書いたりして
飾りつけをし、アイスクリームを堪能しました。

今後も、新しい生活様式の中で、利用者の
皆さんが少しでも充実した生活が送れるよう
様々な工夫をしていきたいと考えています。

     まもりやま工房所長 伊藤俊平

 

1 2 3 11