活動のブログ

すべて

世田谷区手をつなぐ親の会 2019年新年会

1月27日(日)、恒例の新年会を、
日本大学文理学部カフェテリア秋桜にて開催いたしました。
 

本年も、保坂世田谷区長をはじめ、区議の皆様、
世田谷区関係の方々、所縁のある校長先生や施設長さんなど、
多くのご来賓をお招きし、総勢200名近い参加者で
たいへん賑やかななか、和やかな会となりました。

 
 
ご来賓より多くのご祝辞、ご挨拶をいただいた後は、
祝宴の開宴とともに、余興の時間です。
今年は、KAYAスタジオの作間草先生、西翔太さんによる
力強く感動的なダンスパフォーマンスに魅了され、
また、「セータとガーヤの気持ち伝え隊」の
ライオンキングのステージでは、
「心配ないさ~!」とすっかり晴れやかな気分に。
 
 
 
 
 
最後の全員合唱では、高等部のリードのもと、
出席者全員で「Hero」を熱唱し、
盛会のうちに無事、お開きとなりました。
 
 
お忙しいなか、ご臨席下さいました皆様、
また、会場を快くお貸し下さった日本大学関係者の方々
及び学生の皆様、ありがとうございました。
本年も親の会にご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。
すべて

「セータとガーヤの気持ち伝え隊」 玉川高島屋ミニイベントに参加

12月10日、
玉川高島屋おもちゃ売り場のミニスペースにて、
玉川ボランティアビューロー主催のミニイベントがありました。
テーマは
おおぜいの大人でおおぜいの子どもを育てよう!
~地域は大きな家族~  
 
 
地域での子育てがちょっと楽になるようにと、
おもちゃ売り場にいらした親子連れを対象に
玉川ビューローの子どもの居場所活動を紹介したり、
知的障害の子の理解がすすむお話をしたりというイベントでした。
 
 
 
私たち安心ネットは、パネルシアターや
紙芝居を用いた知的障害についてのお話、絵本の読み聞かせ、
ペットボトルや軍手を使った疑似体験などを行いました。
居合わせたお母さま方の印象に少しでも残っていてくれたら嬉しいです。
すべて

「地域の要 民生委員さんとの交流」をテーマに地区会開催

今年度の地区会は、11月8日~12月17日、
世田谷、北沢、玉川、砧、烏山の5地区で開催され
各地区とも、多くの担当地域民生委員さんに来場いただき
親の会会員との交流を図りました。
 

砧地区会の様子

 
世田谷区には600人以上の民生委員さんがいらして、
5地域29地区で、地域の実情に合わせて福祉全般に関する
幅広い活動を行っています。
 

親の会の紹介、参加者の簡単な自己紹介の後、
各地域会長民生委員さんより、
民生委員の制度、役割や活動内容等の説明があり、
それを踏まえて、フリートークで情報交換、親睦を深めました。


玉川地区会の様子です。
民生委員、会員共に参加者が多く、
住居地区毎に分かれて懇談しました。

 

高齢者は区から届く65歳に到達する方の名簿で把握できる一方、
障害者の情報は個人情報の関係で通知はありません。
特に知的障害者は見ただけではわからず、
こちらからの発信がなければ全く届かないそうです。
まず、住まいの地区の民生委員さんに連絡をとり関係を作る、
地域の防災訓練等にも参加し、地域の方に知っていただき
困ったときにSOSが出せる関係を築くことの大切さを確認しました。
 
お住まいの地区の民生委員さんについて
区役所障害福祉部生活福祉担当課、または、
各総合支所保健福祉センター生活支援課に問合せください。
 
 
リーフレット「こんにちは 民生委員・児童委員です。」
↓クリックして拡大してご覧ください。
 
 
すべて

障害者週間記念事業 第38回せたがや区民ふれあいフェスタ

12月9日(日)
障害者週間(12月3日~9日)に合わせて
恒例の区民ふれあいフェスタが
世田谷区民会館・世田谷区役所で開催されました。

フェスタに先立ち、
12月4日より区民会館ホワイエで
障害者週間記念作品展が開催され、
区内の福祉施設、福祉団体、地域活動団体
世田谷区障害者福祉団体連絡協議会の
23団体から出品された
感性豊かな作品が展示されました。

 

フェスタ当日は、
世田谷区障害者週間記念区長表彰式から始まりました。
障害がありながらも多くの人の模範となる方や
自立生活に努力された方、
障害者の支援活動の功績ある方々が表彰され
式典ではみなさまの喜びの笑顔が見られました。

 

障害者団体・施設によるPRでは
安心ネットせたがや「セータとガーヤの気持ち伝え隊」が出演。
今年もインパクトのあるパフォーマンスを披露し
親の会の活動を紹介しました。

 

区役所中庭では成人部の皆さんが
中華まんと飲物を販売しました。
当日はとても冷え込んだため、
温かいものは来場者にたいへん喜ばれ、完売しました。

ご協力・ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

教育部

教育部勉強会「障害のある子の性と支援~対人関係をゆたかに~」

11月29日(木) 総合福祉センターにて
東京都心身障害者福祉センター・山本良典先生による
「障害のある子の性と支援~対人関係をゆたかに~」
の勉強会が行われ、
会員、会員外、区役所から約80名の方々の出席がありました。
 
 
 
性の問題は、肯定的に学ぶ機会がとても少ない現状もあり、
問題行動としてとらえられがちですが、
家庭や支援者が支援の仕方を身につけることで、
本人に理解しやすいように伝えることができます。
 
そして成功体験を積み重ねることができたら、
より良い人間関係も築けると思いました。
 
性の問題は、親として誰に聞いたらよいかわからない方も
大勢いらしたと思いますが、山本先生のお話を伺い、
家族と性について前向きに話し合うきっかけに
なったのではないでしょうか。
すべて

Setagaya アミーゴ 2周年記念交流イベント Second Anniversary 2周年だよ~

早いものでアミーゴ誕生から2年が経ち、
25名の参加者を迎えて記念の交流イベントを実施しました。
 
スタートは、まずは自己紹介から。
役員・運営委員が見本を示した後
全員、自分の名前、仕事、趣味を紹介しました。
仲間の話をしっかり聞きながら、合いの手を入れたり、
イベントは和やかな雰囲気で進みました。
 
 
続いて、恒例の○×クイズ
今回準備したモニターには
運営委員が自分で作ったパワーポイントも登場。
ミーティングでアイディアを出し合ったクイズは
電車、塔、歴史・・・等、
なかには難しい問題もありましたが
終わった後はちょっと博識になりました。
 
 
クイズの後は、「身体を動かそう」
昨年お世話になったKAYAスタジオの登場に湧き上がるみんなの歓声
馴染みの、かや先生、あきら先生、ももよ先生
今年はさらに3人のスタッフも来てくれて
アロマでリラックス、ストレッチで身体を伸ばし、ダンスで発散
大いに楽しみ、心地よいひと時になりました。
 
 

いつも交流イベントの進行役を務める松尾代表が
体調不良で欠席になり、心配もありましたが、
6名の役員・運営委員は、しっかり役割を果たし
参加した仲間たちも大いに盛り上げ、盛況のうちに終わることができました。

 
すべて

権利擁護勉強会 障害のある子の「親なきあと」~お金の残し方と管理の仕組み

11/22(木)総合福祉センター研修室にて、
今年度第一回目の権利擁護勉強会を開催しました。

講師は、
「親なきあと」相談室主催・行政書士・社会保険労務士であり
当会会長の渡部伸氏。

障害のある子の「親なきあと」~お金の残し方と管理の仕組み
が今回の勉強会のテーマです。
子どもの年齢を問わず多くの会員の出席がありました。

 

障害のあるわが子にお金をいくら残すか?よりも
お金を残す仕組みや制度を理解し、準備することが大切ということ
また、なぜ遺言が必要なのか?という信託制度の最新情報や
成年後見制度にまつわる情報や考え方等を学びました。

講演の最後は
具体例として、対称的な二人の事例を挙げられ
お金よりも、社会との接点を持ち続ける事、
つながっている事が何より大切、と結ばれました。

 

親なきあと…と重いテーマの勉強会でしたが、
渡部会長の明るく気さくなお人柄と
様々な事例を交えたわかりやすいお話しが盛り沢山で
あっという間に時間が過ぎました。

お金の残し方と管理の仕組みについて
多くの手立てがあることを知り
また、今、親として何を考えなければいけないのかという
道筋を描くことができた、希望の持てる勉強会でした。

高等部

教育部 施設見学会「 世田谷区立砧工房」

11月20日
(社福)東京都育成会 世田谷区立砧工房の見学会を開催いたしました。
 
砧工房は、片栗粉事業を主とし、
受注作業や地域販売会、公園清掃などの活動と
就労・社会生活支援に力を注いでいる
「就労継続支援B型、就労移行支援」の通所施設です。
 
 
就労支援36人、就労移行4人で区内から通所しており、
朝9:00から作業、休憩、
昼食・昼休みを挟んで午後の作業を行ないます。
 
砧工房は毎日の作業を通じてそれぞれの持っているよさを活かして
自分らしく、「人の役に立てる事」を目指して支援を行っています、
と説明がありました。
 
明るく清潔なフロアで、25kgの大袋の片栗粉を
計量したものを小分にし、販売用の袋詰を検品するなど
みなさん丁寧に作業をされていました。
 
最後に砧工房製品の片栗粉、マッシュポテト、
分場キタミ・クリーンファームのサラダ菜やルッコラの販売もあり、
お土産も購入できとても充実した見学会となりました。
教育部

教育部 企業見学会「日本理化学工業株式会社 川崎工場」

10月26日(金)
日本理化学工業株式会社 川崎工場を見学しました。
メディアでも多く取り上げられている工場ということで、
定員40名に達する多くの参加がありました。
 

 
日本理化学工業は、
昭和35年に知的障がい者雇用をスタートさせ、
昭和50年には心身障がい者多数雇用
モデル工場第1号を開設した、
チョーク市場国内シェア50%以上のトップメーカーです。
 
現在、川崎と北海道美唄の工場を
合わせて86人の社員がおり、うち64名が知的障がい者で、
半分以上がIQ40以下の重度障がい者です。

60歳以上まで勤めた方が10名もおり、
やめる人も非常に少ないそうです。
 

 
このような障がい者多数雇用を目指したのは、
人間の究極の幸せは
「愛されること、ほめられること、
                                役にたつこと、必要とされること」で、
福祉施設で大事に面倒をみてもらうことが幸せではなく、
働いて役にたつことこそが本当の幸せであるという言葉を受け、
1人でも多くの障がい者に働く場を
提供出来る会社にしようと決意したからだそうです。

実際、一生懸命働く姿を見て、
人間の本当の幸せとは何かを考えることが出来たと言います。
「知的障がいのある人は何も出来ないというのは誤解で、
作業方法の工夫や改善によって、
現在は貴重な戦力となってくれている。」
というお話しが大変印象的でした。

その後、実際に工場を見学して納得しました。
色や絵でわかりやすくしてあるなど、
工場内には色々と工夫が見られました。
それぞれが能力を活かし、
ビックリするほど素早くスムーズに
作業がおこなわれていました。
 
最後は工場で生産された様々なグッズを
購入することも出来て、大変良い見学会となりました。
教育部

第36回世田谷区手をつなぐ親の会子どもたちの作品展

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↑こちらの画像をクリックすると
作品展の様子がご覧いただけます
 
第36回世田谷区手をつなぐ親の会子どもたちの作品展」を終えて
 
去る9月28日から10月17日にかけて
区役所第二庁舎1階ロビーにおきまして作品展を開催いたしました。
子どもたちの自由な発想や個性に満ち溢れた作品に、
多くの方々が足を止め、熱心にご覧になってくださり
多数の温かいメッセージをいただきました。
作品展の開催にあたり、作品の制作、展示に
ご協力くださいました学校の先生方、保護者の皆様に心より
お礼申し上げます。
 
     作品展をご覧になったみなさまから寄せられた アンケートをご紹介します。
 
★  毎年この作品展をとても楽しみにしています。
     どの学校からの作品も個性が豊かであふれてくるものを感じます。
     子どもたちにはいろいろな力があることを、
     いつもこの作品展で感じることが出来ます。
     応援しています。来年もまた見に来ますね。
 
★  学校により、統一の材料で作品化したものもあれば、
     まったく自由に作ったものもあり、楽しく鑑賞できました。
     どの作品も作っている最中の生徒たちの顔を想像しながら見ると、
     尚一層楽しむことができました。生徒たちが継続して作り続けることを望みます。
 
  毎年楽しみに見せていただいています。
     ひとりひとりが物を作る喜びや楽しさを作品で表現していて、
  「ああ、いいなあ」と、心が温かくなります。
     指導をしてくださる先生方の工夫や、保護者の皆さまの温かい思いに、
     いつも感心させられます。
1 2 3 7