活動のブログ

すべて

世田谷区手をつなぐ親の会 2020年新年会

2月2日(日)、銀座アスター三軒茶屋賓館で
恒例の新年会を開催しました。

保坂展人世田谷区長
世田谷区議の皆さま、世田谷区関係の方々
特別支援学校の先生方、施設長さんなど
今年も多くの来賓の方にお越しいただき
会場いっぱいの173名での会となりました。

来賓の皆様からは、労いと励ましの言葉を頂戴し
懇親を深めました。


今年ゲストパフォーマーとしてお呼びしたのは
マジシャンのNobuoさん。
お客様とコミュニケーションを取りながらの
楽しいカードマジックに
会場からは驚きと感嘆の声が漏れていました。


また、お馴染み
「セータとガーヤの“気持ち伝え隊”」の出し物は
映画「アラジン」の登場人物に扮し楽しいもの。
障害のある人もない人も、みんなが優しい気持ちで
楽しく暮らせる魔法で、和ませてくれました。


教育部の「最大数当てクイズ」に全員で知恵を絞り
高等部リードの全員合唱「パプリカ」で盛り上がり
渡部伸会長の発声による三本締めで
めでたく今年の会を終えました。

皆様のご協力と、美味しいお料理で
会の結束が強まった楽しい新年会でした。

皆様、ありがとうございました。

 

高等部

「知的障害で障害年金をもらうときのポイント」 NEW!
 教育部・高等部合同勉強会

1月27日(月)、教育部・高等部の合同勉強会
「知的障害で障害年金をもらうときのポイント」が
梅丘パークホールにて行われました。



成人部会員や会員以外の参加者も含め115名の申し込みがあり
大盛況となりました。

講師の安部敬太先生は社会保険労務士で
障害年金の請求、障害年金の不支給に対する
不服申し立ての代理請求を数多くこなしていらっしゃいます。

沢山の資料をもとに、具体例、失敗例を交えながら
申請のポイントを分かりやすくお話し頂き
実際の申請をイメージすることが出来ました。

障害年金は20歳になる時に申請しますが
その後も申請する場合もあります。
多くの方が安部先生に質問する様子からも
皆さんの関心の高さが伺えました。

〜参加者の感想〜

「年金がもらえるかどうか不安でいましたが
だいたいの目安ができました。
今後の生活において焦ることなく
子供と一緒に過ごしていこうと思います。」

「具体的かつポイントをおさえたお話で
非常に参考になりました。」

「まだ小学生なので先の話だと思っていましたが
重要な話が多かったので参加してよかったです。」

今後もこのような、皆さんの役に立つ勉強会を企画していきたいと思います。

教育部

教育部講演会「発達につまずきがある子どもの輝かせ方」

12月14日(土)、東京リハビリテーションセンター世田谷にて、
川上康則先生による講演会
「発達につまずきがある子どもの輝かせ方」
を開催し、約50名の参加がありました。

川上先生は、都立矢口特別支援学校の主任教諭で、
かつ公認心理士、臨床発達心理士、
特別支援教育士スーパーバイザーなど
多数の資格をお持ちです。

今回の講演会では、様々な場面においての
子どもの問題行動について、
その行動に至る子どもの心理や、
その際の対応の仕方などを
ワークを取り入れながら
具体例を上げて詳しくお話しくださり、
たいへん参考になりました。

うまくいかない子どもの気持ちになって、
最適な支援の仕方を考え、
子どもを深く理解しようとする気持ちが
大切だということを学びました。

毎日の積み重ねを大切に、
軸がブレない子育てを心がけたいと感じた
たいへん有意義な講演会でした。

 

 

 

すべて

第39回区民ふれあいフェスタ ~障害のある人もない人もせたがやで共に生きる~

12月8日(日)、世田谷区民会館、世田谷区役所で
区民ふれあいフェスタが開催されました。

フェスタに先立ち
12月3日(火)より、区民会館ホワイエで
障害者週間記念作品展が開催され
心のこもった感性豊かな作品が展示されました。


当日は、世田谷区障害者記念区長表彰式から始まりました。
今年度は23名(自立生活者12名、自立努力者10名、
自立支援功労者1名)の方が表彰されました。
親の会が推薦した17名も胸を張って、堂々と
保坂区長からの表彰状を受け取っていました。


障害者団体・施設によるPRでは
安心ネットせたがや「セータとガーヤの気持ち伝え隊」が出演し
親の会の活動を紹介しました。


区役所中庭では
親の会成人部が、例年通り、中華まんとホットドリンクを
つながりラボが、倉田シェフによる「スペイン風ポトフ=コシード」を
販売しました。
冷気が漂う中、暖かい食べ物は喜ばれ、どちらも盛況でした。



来場いただきました皆さま、ご協力いただきました皆さま
ありがとうございました。

教育部

教育部企業見学会「株式会社 パソナハートフル」レポート

11月29日(金)、株式会社パソナハートフル見学会を開催しました。
 
 

「才能に障害はない」をコンセプトに
積極的に障害者雇用に取り組まれ、現在、
オフィス業務・アート村・アート工房・ゆめファーム・パン工房と、
様々な分野で多くの障害者が生き生きと活躍されています。

副社長の白岩様のお話の中で、障害があるからこそ、
適性のある業務があり、弱みと考えられがちな障害上の配慮点も
見方を変えれば、障害ゆえの強み(=才能)である、
それを生かした業務をマッチングすればいい、
というお考えに目から鱗が落ちる思いでした。

 
高等部の実習などをご担当されている教育チームの清水様のお話も
伺った後、各部署を見学させていただきました。
実際に働く姿を拝見し、その素晴らしさに驚くことばかりでしたが、
将来について具体的に考え、目標や希望をもつ貴重な機会となりました。
 
 
帰りには、参加者が1階のショップでアート工房やパン工房の商品を
楽しそうに購入する姿も見られました。
教育部

教育部勉強会 「子どもたちの進路について」

11月21日(木)東京リハビリテーションセンター世田谷にて、
勉強会「子どもたちの進路について」を開催しました。
講師に稲田ひさ子先生をお迎えし、約60名の参加がありました。

はじめに三好副会長から、高等部卒業後に
どのような選択肢があるかをご説明いただきました。
進路一覧や、障害者のしおりを見ながらのお話は、
初めて聞く参加者にもわかりやすく、参考になりました。

稲田先生からは、進路の決め方、親としての心構えなどを、
詳しくお話しいただきました。
長年、進路指導をされてきた先生のお話は、
具体的でとてもわかりやすく、高等部から就労までの道のりを
頭に描くことができました。

また、障害の特性を活かして仕事に就かれた方々が、
ご家族や職場の方と共に工夫を重ねながら
日々仕事に励まれているお話には、勇気をいただけました。

就労に向け、小・中学生の今から家庭で取り組めること
についても教えていただき、さっそく実践してみようと思いました。
 
最後に阪田副会長からは、お子さんの幼少期から就労までのことを、
ご自身のご経験を織り交ぜながらお話しいただきました。
先輩お母様としての貴重なアドバイスをたくさんいただけました。
 
「良い職場、良い上司に出会えるチャンスは突然やってきます。
だから、子どもをよく見て、焦らずゆっくりね!」
という先生のあたたかい言葉が心に残りました。

多くの学びが得られた勉強会でした。
すべて

成人部バス見学会「こころみ学園」&「ココ・ファーム・ワイナリー」見学

10月25日(金)から一泊二日で、
栃木県足利市のこころみ学園(施設入所支援90名、生活介護105名、短期入所10名)と
こころみ学園のワイン醸造場ココ・ファーム・ワイナリーを訪れました(参加者20名)。

昭和33年、当時中学を卒業すると行き場を失っていた
知的障害のある子どもたちのために、
中学の特殊学級の教員だった川田昇氏が私財を投げ打ち山を購入し、
その生徒たちと共に作業にあたり、
2年がかりで勾配39度の急斜面3ヘクタールを開墾してぶどう畑を作りました。
ぶどう畑の一角のバラックで、一切の補助を受けず
学園の施設づくりは進められました。

昭和44年、30名収容の施設が竣工し「こころみ学園」が誕生。
ぶどうと椎茸の栽培を中心とした農作業が進められ、
昭和55年には、学園に賛同する保護者たちの出資により、
ココ・ファーム・ワイナリーが設立されました。

当日は朝からあいにくの雨模様でしたが、
到着後、ワイナリーのレストランにて美味しい昼食を頂き、
心身ともに満たされて元気に施設見学をさせていただけました。

 

ぶどうを加工する施設、
出来たワインを熟成させるワインセラーなどワイナリーの施設から、
こころみ学園の利用者の方々が生活なさるエリアまで、
職員の方の丁寧な説明とともに、
利用者の方々の姿も拝見しながらの充実した施設見学となりました。



こころみ学園では、80歳を超えた利用者の方々も
日々作業に従事し、健やかに暮らしていらっしゃいます。
ここで暮らす知的障害者たちが、
高齢になっても親しみと敬意にあふれた環境のなかで、
充実した生活を送っている姿を見せて頂き、
今後、高齢化が進み、知的障害者が「親亡き後」どう生きていくのか、
ひとつの理想的な姿を学ばせていただくことができました。

教育部

「第37回 世田谷区手をつなぐ親の会 子どもたちの作品展」を終えて

9月30日から10月16日にかけて、区役所第2庁舎1階ロビーにて
「第37回 世田谷区手をつなぐ親の会 子どもたちの作品展」
を開催いたしました。

子どもたちの自由な発想や個性豊かな作品に、
多くの方々が足を止めて熱心にご覧くださり、
多くの温かいメッセージをいただきました。

作品展の開催にあたり、作品の制作・展示に
ご協力いただきました学校の先生方、保護者の皆様に
心よりお礼を申し上げます。

 
作品展をご覧になったみなさまから寄せられた
アンケートをご紹介します。
 
毎年、楽しみに見に来ています。
 今年も点描や刺繍など、本人の根気強さを活かした作品や、
 好きなものへの思いがあふれる作品を感心して拝見しました。
 一人一人の輝きを大切にして子ども達が成長するよう、
 願っています。
 保護者と先生方、いつもありがとうございます。
 
どの作品を見ても、個性あふれる子どもたちの
  限りないエネルギーとパワーを感じ、素晴らしいと思います。
 キラキラと輝く瞳で一生懸命製作している姿が目に浮かびます。
 ステキな作品展をありがとうございました。 
 豊かな時間を過ごさせていただきました。
 
皆さんの作品を通して、それぞれのお子さん
  の心身の成長を感じることができます。作品から
  躍動感や制作中の表情などが伝わり、思わず
  笑顔になりました。今年も温かい作品展を
  ありがとうございました。

 

 

教育部

進学に向けて~ 特別支援学校(高等部)の紹介

9月26日(木)、『都立永福学園・世田谷区
手をつなぐ親の会共催 学校説明会・高等部紹介』
を開催しました。

 

今回は永福学園のご厚意により、会場に
視聴覚室をお借りし、同校の見学もさせて
いただけることもあり、55名の父母が参加しました。
 
まず、高等部長より高等部のそれぞれの科
の概要や卒業後の主な進路についてご説明
いただきました。
 
学校紹介では、永福学園は先生と在校生の
保護者の方々に、青鳥特別支援学校
田園調布特別支援学校は在校生の保護者の
方々にお話しいただき、学校の授業内容や
就労に向けてのさまざまな取組みやサポート
について詳しく丁寧に教えていただきました。

質疑応答も活発に行われ、参加者の関心の
高さが感じられました。
 
その後、いくつかのグループに分かれて
永福学園の授業を見学しました。
充実した設備と丁寧な指導風景を見ながら、
参加者はそれぞれに子どもの進学に想いを
馳せているようでした。
すべて

2019年度 要請の会

8月22日(木)世田谷区役所ブライトホールにて
2019年度要請の会が開催されました。

今年も世田谷区より、障害施策推進課長
障害者地域生活課長、障害保健福祉課長をはじめ
11名の担当部の皆さまにご出席いただき
親の会からは会長以下約60名が出席いたしました。

今年度は
親と子の高齢化対策~将来の安心のために・・・
 グループホームの新設
 福祉人材確保
 一人暮らし支援
 地域生活支援拠点
 相談支援機関の充実

現在の地域生活を安心、安定して送るために・・・
 日中活動施設、短期入所、移動支援の充実
 雇用・就労に関する支援
 医療に関わる支援
 余暇活動の充実

以上を主な要望として伝えさせていただき
区からは私たちの立場に寄り添った
丁寧かつ真摯な回答をいただきました。

会員からもこのような場であるからこその
活発な質問や意見が述べられ、改めて
要請の会の持つ意義を実感する場となりました。

1 2 3 8