TOPICS

会員向け

7/15〜7/29 東京都育成会大会 研修 オンデマンド配信  NEW!

東京都手をつなぐ育成会(東京都手をつなぐ親の会)大会 研修

配信期間:7月15日(金) 15時   ~ 7月29日(金) 15時
     ※期間中はいつでも視聴可能です

「親なき後」は永遠のテーマ。
暮らしのこと、お金のこと、健康のこと などなど。
誰がわが子をみてくれるの? 心配は尽きません。
後見制度は今、どうなっているのか、これからどのようになるのか。
成年後見制度の今後のあり方などについてご説明いただきます。

 


【研修】
「尊厳のあるその人らしい生活の継続」
~これからの成年後見制度の見通し~

 講師:川端伸子氏
     厚生労働省社会・援護局
     地域福祉課成年後見制度利用促進室
     成年後見制度利用促進専門官  
  

 


★詳細は↑チラシをクリックしてご覧ください。

 

お知らせ

7/15 就労事例発表会 知的障害者の多様な就労事例を知ろう  NEW!

「就労を目指す特別支援学校高等部生徒等の保護者向け事例発表会」

知的障害のある方の就労のタイミングは、就労意欲の醸成や労働習慣の習得など
その方の発達段階によって違います。今回の発表会では、就労継続B型施設通所を経て
一般就労(企業等への就労)を実現した事例を紹介していただきます。

就労を目指す高等部の保護者の方はもちろん、将来を考えている小・中学生の保護者の皆様、
また社会人のお子さんを持つ保護者やご本人など多くの方のご参加をお待ちしています。


【日時】
2022年7月15日(金)10:00~11:30(受付9:45~)

【会場】世田谷区文化生活情報センター5階 セミナールームAB
                (世田谷区太子堂4-1-1でのキャロットタワー5階)

【参加費・定員】参加費無料 会場参加者は40名まで(先着順)
    *会場でご覧いただけない場合は、オンラインでご参加いただけます。
    *オンラインの参加に定員はありません。

【申込締切】2022年7月6日(水)必着

【申込方法】事例発表会参加申込書にてお申込みください。

【主催】   世田谷区障害福祉部  障害者地域生活課




↑↑↑ 詳しくは、コチラをご覧ください。

 

ブログ

「セータとガーヤの気持ち伝え隊」梅丘ボランティアビューローにて出前講座  NEW!

6月30日、梅丘ボランティアビューローにて
「サポートを求めている子どもに寄り添うボランティア養成講座」の
第2回目の前半を担当し、「見え方」「聞こえ方」「手先の不器用さ」
「脳の情報処理」「わかりやすい言葉」など
知的障害児の特性についての疑似体験を行いました。



「興味がある箇所に視線が集中してしまう体験」では、
前回同様ペットボトルに代わり格子柄のビニールシートを
ツールとして使用しました。サッと消毒も簡単なスグレモノです。
今回も、みなさん興味深くワークに参加してくださり、
お話している際にアイコンタクトで反応してくださったりと
手応えを感じられました。

質疑応答の時間には「あまり具体的に思えない」
「障害のある人でも厳しい言葉掛けのほうが能力を発揮できる人もいる」
などのご意見もあり、キャラバンの表現方法をあらためて考える
良い刺激となりました。

質疑応答の時間に知的障害についての関心が高いことがわかり
有意義なキャラバンとなりました。

ブログ

常任理事会 報告  NEW!

6月29日(水)、3年ぶりに対面での常任理事会を開催しました。

年度最初の常任理事会は、
その年度の親の会の執行に関わる役員(会長、副会長、書記、会計、発送)と
常任理事(地域担当、成人部・高等部・教育部の部長、副部長)が
1年の活動をスムーズに進めるための顔あわせで、
知り合うことが目的です。
今回は25名の役員、常任理事が参加しました。

会長挨拶、自己紹介に続き、
親の会事務所を使うにあたってのルールの説明、
活動のための預かり金の説明、
さらに9月に発行する親の会会報で取り上げたいテーマ案ついて
出席者全員が発言し意見交換をしました。

意見交換では、教育部と高等部からは、
それぞれの立場から今抱えている問題提起があり、
課題を全体で共有しました。
成人部の常任理事には、
各々が抱えている問題や悩み等を話してもらい、
それに対して、別の会員から同意やアドバイスもあり、
意見交換ができました。
子どもの年齢を超えたやり取りもでき、
会員同士の良い交流になりました。

ブログ

高等部 保護的就労(福祉喫茶)説明会報告 NEW!

施設名:社会福祉法人 世田谷区社会福祉協議会
日時:2022年6月24日(金)
参加人数:19名
内容:世田谷区社会福祉協議会 会議室での説明、質疑応答
(終了後、希望者は会場から徒歩5分のところにある
福祉喫茶「桜ん房」に各自訪問)


保護的就労は、援助者のサポートを受けながら働くことで、
労働習慣や社会性を身に付け、能力にあった一般企業への就労を図る
ことを目的とした、世田谷区独自の取り組みで、
在籍期間は最長で5年です。

世田谷区社会福祉協議会が行っている福祉喫茶は、
現在区内に3店舗あり、開店準備から接客、閉店後の後片付けと、
仕事内容が幅広いことが特徴です。

年次スケジュールを年に1回立て、保護者も含めて目標を共有し、
利用者の得意なところ、伸ばせるところはどこなのかを考え、
支援しています。 

利用開始後、3年間で一般就労への意識付けを行い、
4年目以降はすきっぷと連携し、就職準備、
就職活動(活動が無い日は喫茶で勤務)の期間に入ります。

 

 

 

 

 

 


説明会の後は、有志で砧図書館の中にある喫茶「桜ん房」にお邪魔しました。
支援の方の的確なご指導のもと、利用者さんが安心して働くことができる
職場であると感じました。
ランチのドライカレーがとても美味しかったです。

ブログ

高等部企業見学

リゾートトラスト株式会社東京本社(東京事務支援センター)  NEW!

企  業  名 :リゾートトラスト株式会東京本社(東京事務支援センター)
日  時 : 2022 年 6 月 15 日(水)
参加人数 :1 9名
内  容 : 会議室での説明、2グループに分かれて仕事場の見学、質疑応答。

概  要:
リゾートトラスト(創業 1973 年。会員権事業、ホテルレストラン事業、
メディカル 事業等を展開)の東京事務支援センターは、
2006 年 3 月に障害者 4 名でスタートし、
現在 73 名の障害者スタッフが勤務しています。
仕事の内容は 200 種類以上で、
本人の特性に合 わせた業務を分担して行っているそうです。
障害者雇用の現場を会社全体の中の大切な場所として位置付けている、
というお話の通り、随所に合理的配慮が行き届いており、
皆さん が生き生きと仕事に取り組んでいらっしゃいました。
学校や支援センター等で積み重ねた経験を生かしながら無理なく働ける、
理想的な職場であると感じました。

会員向け

理事会開催のお知らせ  NEW!

2022年7月以降の理事会の予定をお知らせします。

月日 曜日 時間 場所
7月13日 (水) 10:30〜12:00

世田谷区児童相談所 団体活動スペース

会議室AB(旧後利用施設)

9月9日 (金) 10:30〜12:00
10月12日 (水) 10:30〜12:00


※緊急事態宣言、まん延防止等重点措置等が発出された場合は
 会場とオンラインでのハイブリッド開催といたします。
 それ以外は、基本的に会場開催といたします。

★世田谷区児童相談所 団体活動スペース 会議室AB(旧後利用施設) map

 

お知らせ

4/25~10/24 クローバーアート展@Online 開催中 NEW!

社会福祉法人武蔵野会 世田谷地区主催の
美術展 クローバーアート展@onlineのご案内です。

駒沢生活実習所九品仏生活実習所
烏山福祉作業所世田谷福祉作業所
の4施設の利用者が、職員の方々の
工夫に満ちた支援の中で制作に取り組んだ
素晴らしい作品が並びます。
オンラインで各施設を訪問し、じっくりご鑑賞ください。

 

クローバーアート展@Online
期間:2022年4/25~10/24
お問合せ先:九品仏生活実習所
0337031519

←ご視聴はポスターをクリック

お知らせ

「ドリームナイト・アット・ザ・ズー&アクアリウム in Tokyo」開催のおしらせ

「ドリームナイト・アット・ザ・ズー」は、障がいをもつお子さんとそのご家族を
閉園後の動物園にご招待し、楽しいひとときを過ごしていただくための国際的な活動です。
1996年にオランダのロッテルダム動物園で始まりました。都立動物園と水族園はその趣旨に
賛同し、ドリームナイト・アット・ザ・ズー&アクアリウム in Tokyoを開催します。
この機会に、園内をごゆっくりとお楽しみください。


対象者が限定された催し物です
・身体障害者手帳
・療育手帳
・愛の手帳
・精神障害者保健福祉手帳
・小児慢性特定疾病医療受給者証を
 お持ちの方とそのご家族

※申請中の方を含みます
※ご不明な点は各園にお問い合わせください

 

 

◆多摩動物公園
2022年6月4日(土) 17時30分~20時
事前申込不要
TEL:042-591-1611

◆葛西臨海水族園
2022年6月25日(土) 17時30分~20時
事前申込必要・抽選制
TEL:03-3869-5152

◆井の頭自然文化園
2022年6月6日(月) 10時~15時 ※平日の日中開催
事前申込不要
TEL:0422-46-1100

開催日時や参加方法が園によって異なります。
詳細はホームページでお知らせしていますので、上記の各園名をクリックしてご覧ください。
中止の場合はホームページでお知らせします。

 

 

お知らせ

(仮称)世田谷区障害理解の促進と地域共生社会の実現をめざす条例(素案)
パブリックコメント実施(6/21締切)

この条例は、心身の機能に制約がある人をはじめ
様々な状況や状態にある人が互いの多様性を尊重され
異なる価値観を認め合って暮らし続けることができる
地域共生社会の実現を目的とするものです。

条例に基づく主な取組みとして
●障害に対する理解の促進・障害を理由とする差別の解消
●地域の支え合い活動の推進・生活環境の整備
●情報コミュニケーションの保障
●誰もが活躍する場の拡大
以上が挙げられ、障害のある方への合理的配慮の一層の推進も図られます。

区では重要な条例、計画等をつくる際に、素案等の段階で公表し、
区民の皆さんのご意見・ご提案を施策に反映させるため
「区民意見提出手続(パブリックコメント)」を実施しています。

区のホームページで 6/21まで パブリックコメントの意見募集 が行われています。
素案をご覧になり、ご意見などありましたら直接お送りください。

【閲覧方法】素案は下記からご覧いただけます。
(仮称)世田谷区障害理解の促進と地域共生社会の実現をめざす条例(素案)
   又は(素案)概要版

【提出期限】
2022年6月21日(火)必着

*区のお知らせ「せたがや」5月31日「(仮称)世田谷区障害理解の促進と
 地域共生社会の実現をめざす条例(素案)特集号」にも関連記事が掲載されています。

1 2 3 40